玄人志向を、買った

2018年3月19日

こんばんは。

今日は学校の研究室に行き、解析ソフトの結果を見つつコーヒーを飲んでいたらふと思い出したことがありました。

「そういえば、家のHDDの1台が裸のままだ」

午後の3時ごろに学校から日本橋へHDDケースを買い求めに行きました。

家でどのモデルを買おうか検討していましたが、価格.comの評価やらなんやら見て玄人志向の「GW3.5AA-SUP/MB」を購入することに決めました。

日本橋は本当にアニメの街に変化しましたね。5年ほど前はまだ自作パソコンのパーツ屋さんが多かったのに今はもう…少なくなってしまいました。

いくつかの店舗を回って商品を見ていくと、Joshinで1,758円(税込)で売ってまして…「これは買いだ!」と思い早速購入して家に帰ってきました。

IMG_1622

玄人志向の「GW3.5AA-SUP/MB」です。早速開封~

IMG_1623 IMG_1624

 

本体はアルミ製でなかなかしっかりと作られているなぁという印象を受けました。説明書も入っているのですが…さすが玄人志向。英語でシンプルに書かれています。特にネジなんか小さくて6本も入っていますので区別をしながら組み立てていきましょう。

 

分かる方は分かると思うのですが、HDDの固定にはインチネジを使用します。(画像で比較すると、目が粗いネジです)また、背面にはUSB2.0接続端子とスイッチ、電源端子が備えられています。そして一番右側がHDDとの固定部です。なんとシンプルなつくり…

そして、今回装着するHDDはHitachiの1TBです。7200rpmなので発熱の耐久性も見ていきたいと思います。2010年製造ですのでもう5年前ですね…。

IMG_1629

 

IMG_1630

装着した後のHDDです。きちっと収まってます。ここから装着したHDDをケースに収めていくのですがちょっと注意しないといけない箇所があります。

1枚目の写真。LEDに注意してください。ぎりぎりで中に納まるようにきれいに折られているので気を付けて入れましょう…。

寸法も一般的で見た目はかなりスッキリとしています。アクセスランプは緑色でLEDが背面にあるので、正面からLEDを見ない限り特に眩しいと感じることはありません。

そしてこのケース、電源連動機能を搭載しています。PCの電源を切ると勝手にHDDケースの電源も落ちてくれます。加えて、PC起動時でも無アクセス時間が10分くらい?になると勝手に電源が落ちます。という風に頻繁に電源のON/OFFが繰り返されるのでHDDの耐久性はそこそこ求められると思います。

では最後に、Crystal Disk Mark の結果でも載せましょう。

CDM

USB2.0接続で、このHDDはバックアップ用途で使用するのでそんなに性能を求めていませんがご参考までに。

上位モデルのUSB3.0に対応した製品も発売されていますので用途に応じて購入したいですね!

耐久性や使用レビューはのちのち書いていきたいと思います。

 

Thanks everyone.